投稿

9月, 2017の投稿を表示しています

170928 バルセロナ 267km

イメージ
ピレネー山脈の麓の町で一泊しアンドラへ向かいます。ワインディングが続く山道を登っていきます。山の上にある小さな国。通常パスポートチェックなど無いのですが、私達が行った時に珍しくパスポートコントロール。スタンプ押されました。テロの警戒なのでしょうか。。  アンドラのフランス側でお買い物。ちょうどバイク用品店の前がバイクの駐車場だったのでバイクを止めてステッカーだけ買いに行ってきました。帰ってきたら人集り…日本からバイクで来たと話すと、お店の人やお客さんが集まり撮影大会。
 アンドラからスペイン入国。日本から26カ国目。 本日目指す場所はバルセロナにあるモンテッサホンダ。事前にお邪魔させてもらうことをお願いしていました。会社に到着すると社員の方達のお出迎えです。 日本から27000キロ。122日。 ホンダの社員の工藤さんが事前に根回ししてくださったのでバイクを会社に置かせてもらい明日から整備できるようにしてくださっていました。感謝しかありません。とりあえず今日は何もせず工藤さんに日本食屋さんへ連れて行っていただきました。お好み焼き、焼きそば、豆腐、、、日本食を堪能させていただきました。スペインに来て数時間。スペインを堪能する前に日本を堪能してしまいました。日本とスペイン。ホンダとモンテッサホンダ。一度に両方がまた好きになりました。これから、バイクと人間のフル整備に入ります。

170927 Savignac les Ormeaux 320km

イメージ
おフランスといえば香水。道行くお姉さんはもちろん、警察官も香水。ランナバウト交差点内にもラベンダー。さすがおフランスです。どこを走っていても漂ういい香り。  今日はフランス、スペインの間にあるアンドラを目指します。途中カルカッソンヌというお城が有名な町へ。街中にいきなり現れるお城。昔はこうしてどの街もお城を作って街を守っていたのでしょうか。
 今日は暗くなるまで走りました。ピレネー山脈の麓の町でキャンプです。フランス内9月になりほとんどのキャンプ場が閉まっていてなかなかキャンプ場が見つかりませんが。本日はまだ営業しているキャンプ場に泊まることができました。2人で16ユーロ。キャンプ場の目の前にスーパーマーケット。明日はアンドラの山越えです。

170926 Ganges 274km

イメージ
夕方にスーパーに立ち寄るのは旅の基本です。本日はinter marcheというスーパーで晩御飯の買い出し。しばらく駐車場で待っているとオランダから移住してきた方とお知り合いに。HONDA XR650rに乗っていて日本バイクのファンだそう。お家の敷地に泊まっていいと言っていただきました。ありがたやありがたや…。手持ちの電化製品を充電してかったので電気がある所に泊まれるのはものすごくありがたい。
 ヨーロッパに入り、地図を買えるようになってからは、地図に載っているおすすめルートを選んで走っています。アルプス越え以来のフランスおすすめルートは、楓並木の道。さすがにアルプスよりはライダーの数が減りましたが、これはこれでなかなか気持ちのいい道です。スイスの方が「おすすめ」基準が高いことは否めませんが。。。フランスの田舎道をのんびり進んでおります。

170925 Le Verdon 227km

イメージ
私たちがモナコに行く理由。それはスッテカーを買うためです。ただそれだけのために遠路はるばるモナコへ。ステッカー4枚とアイスティー1本で2000円。さすがモナコ。これぞモナコ。せっかくなのでモナコ€コインを求めておみやげ屋さんへ。探す前に「ない」と言われてしまいましたが、あきらめません。駐車場のおじさまにお願いしてみると1€ならあるかもとのこと!!!私の喜びっぷりにおじさまもにこにこ。モナコステッカー、コインを手に入れ、任務達成です。  モナコでお金持ちの運気を貯めて、次なる目的地、フランスのグランドキャニオン「Grand Canyon du Verdon」へ。ここに来るまでの道にナポレオンが通ったという道、「Route Napoleon」がありました。個人的には昨日、一昨日のアルプス越えの道の方が面白かったです。グランドキャニオンはよくこんなところに道を作ったなあと感心するほどです。地盤が硬いのでさぞかし大変だったことでしょう・・・。渓谷に流れる川は人がなかなか近づけない場所にあるので、1000Mほど上の道路から覗いても底が見えるほどの透明度。海岸線にあるニースでは豪華客船のようなマンションがありました。どのベランダも庭になっていて、たくさんの緑が植わっていました。それはそれで素敵ですが、手付かずの自然を見ている方が心が癒されます。

170924 ル・ルクシア Le Rouccias 274km

イメージ
Route des Grandes Alpesは車のCMになりそうな道ばかりです。これがオフロードならTrue Adventureだなあなんて考えながら、今日もくねくね道を進みます。  イタリアからフランスに戻り、ガソリンの値段がお安くなりました。街並みもどことなくおしゃれだなあなんて考えながら走っていると、売り物件の看板が目立つように。冬場だけの高級スキーリゾートも人影は皆無でしたが、売り物件の多い村はどことなく不安になってしまいます。大型トラックが通りにくい村は物流が悪いのでしょうか。。。  道が細くてくねくねしているのは悪いことばかりでもなくバイク乗っている人にとっては楽しくてしょうがない所です。各国のライダー達が走りに来ていました。週末ということもあってバイクがたくさん。日本ではあまり見られないような車種のバイクがたくさん走っていました。止まる度話しかけられました。日本でから走って来たと話すとみなさんクレイジーだと言ってくれました。


170923 Salbertrand 281km

イメージ
朝起きると、お昼ご飯にサンドイッチを作ってくれたOlgaさん。パンはフランス、ハムはスペインがいいそうな。ありがたく頂戴しました。モンブランの眺めに歓喜の声をあげ、出発。まずは、キルギスのオシュで出会ったフランスのHugu(ユグ)さんに会いにChamonixから30kmほど離れたMegève(メジェーブ)という町へ。ユグさんは右腕を怪我しているにも関わらず、何日でも泊まっていいと言ってくださいました。が、そこまで甘えられないのでコーヒーだけご馳走していただきました。旅先で、特に過酷なエリアで出会った方との再会は感慨深いものがあります。   Route des Grandes Alpes。山の緑、紅葉、岩山、雪山。アルプスではたくさんの種類の山を見ることができます。ボナパルトさんもきっとどこかを通ったのでしょう。どの峠も地元ライダー、ヨーロピアンライダーさんがたくさんいます。  今日のお宿はスロベニア以来9日ぶりのキャンプです。イタリア、フランス国境にほど近いSalbertrand。どこか安いキャンプ場はないか、探しながら走りましたが、なかなか見つからず。辺りは暗くなり始め、ようやく見つけたキャンプ場は2人で22€。スロベニアのブレッド湖と同じ値段でしたが、「所変われば」お安く感じます。参考までにコテージの値段を聞いてみると、まさかの1人30€。なるほど、さすが三つ星キャンプ場です。

170922 シャモニー Chamonix Mont Blanc 230km

イメージ
フランスのスーパー、カルフールの駐車場でChamonix在住のご夫妻と出会いました。泊まる場所を探していることを伝えると、その場でお家にご招待いただけることに。OlgaさんとBeltyさん。 旅は「スーパー作戦」に限ります。お家の窓からはMont Blancとのご対面。四つ星、五つ星ホテルばかりのシャモニー。誰かに声をかけていただけるまで粘った甲斐がありました。
  同じスイスでもフランスに近くなれば標識はフランス語に変わり、ガソリンスタンドでの挨拶は「Bonjour」「Merci」に。イタリアのドロミティでもオーストリアが近いので、民宿のお母さんはイタリア語ではなくドイツ語を話していました。一つの国の中で違う言語を話す国では、第二言語を覚えるのは必然。ご主人のベルティさんはフランス語圏のスイス生まれ。学校ではドイツ語を「習った」そうです。奥様のオルガさんはルーマニア生まれ。スペインで看護師として働いていたそうで、母国語の他に、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語を勉強したそう。多くの言語を理解できることを自慢げに話していました。御年62歳!!生きるために必要なことは覚えられるようです。必要性を感じなければどれだけ勉強しても頭に残らないですからね。。。ベルティさんはロックをかけながらパソコンで家計簿をつけるのが日課のようです。72歳とは思えません。。。 愛用のNIKON一眼カメラはスイスでお買い上げ。日本の4倍の価格で購入したことを知ると、唖然としていました。おしゃべり、笑顔が絶えないご夫婦。2人ともこれでもかというくらい陽気で、実年齢より若く見えます。笑顔は若さの秘訣ですね。

170920ー21 ベルン Bern 321km

イメージ
Sankt Gallenを出てLiechtensteinへ。最初の1時間ほどは雨でしたが、リヒテンシュタインに入ると雨は止んでくれました。Wi-Fiを使うために入ったマクドナルドは2人で25フラン(約3000円!!!)。一刻も早くSIMカードを買わなければ・・・。晴れたのでErikさんに教えていただいたKlausenpassを通ってベルンに向かうことに。峠の入り口で、道が開いていることを確認。対向車が来ず、心配になりながらも進みます。雪化粧したアルプスを眺めながら頂上へ。頂上は真っ白の銀世界。スキーをしている人もいました。まだ9月ですけど!!  タジキスタンでパンク修理をしてあげたOliverさん宅にお邪魔することに。伝えていた到着時間よりだいぶ遅れてしまいましたが、家の前の通りで待っていてくれました。本当、申し訳ないです。。。温かい手料理でおもてなしいただきました。
 翌日は絶好のツーリング日和の中、ベルン市内を散策。首都とは思えないほど静かで綺麗な街並みが続きます。向学のため、アインシュタインハウスへ。「奇跡の年」を過ごした住宅の一室。アルベルトさんも今と同じような景色を見ていたのでしょうか。一瞬のひらめきはどこで生まれるかわかりませんね。

170918ー19 ザンクトガレン St.Gallen 327km

イメージ
今日は、よしさんの20年来の友人、エリックさんのところにお邪魔しています。バイク屋さんで働いていたエリックさん。私の折れたミラー、曲がったハンドルを直していただきました。  降り続く雨のおかげで連泊することに。ぶらり旧市街を散策。世界遺産になっている教会の中にある図書館。入館料は12フラン。入り口で引き返しました。。。インフォメーションセンターには素敵なお土産物が並んでいます。聞けば、農家の方が冬の間に作って販売しているそう。ファッションショーも開催しているそうで、見せ方、売り方が上手です。