投稿

181116 国際ナンバープレート到着

イメージ
本日、C125用の国際ナンバープレートが届きました。海外ツーリングに向けて一歩前進です。
 国際ナンバープレート作成の手続き ①陸運局に行き、「国際登録証書」を発行してもらう。 *長野県の場合は手数料無料。国際登録証書は、バイクのパスポートのようなものです。登録証書を発行してもらう際、どこの国に行くか記入します。以下のサイトから「国際免許証」で走れる国を確認してください。走れない国を記入すると、証書を発行してもらえません。
●JAF 海外サポート国際免許証について http://www.jaf.or.jp/inter/kokusai/index.htm

②小松自動車工業株式会社に連絡し、注文用紙をFAXしてもらう。 *注文はFAXのみです。関東圏で登録された車両の場合は小松自動車、他は別の会社に注文することになります。JAFで確認するのが確実です。
●小松自動車株式会社 営業部 住所:〒140-0011 東京都品川区東大井1丁目7−5 電話:03-3474-0211 FAX:03-3474-0436 https://loco.yahoo.co.jp/place/g-iUvCp4ijzI-/
③小松自動車の指定口座に入金する。 ④登録証書のコピーと注文用紙を小松自動車にFAXする。 ⑤注文、入金確認後、10日ほどで着払いで届く。
*登録証書一枚につき、ナンバープレートは一枚しか作れません。 価格:一枚2600円(バイクの場合)
 長野県では、小型二種のバイクで国際登録証書を発行したことが直近の一年間ではなかったそうなので、「1、2」のナンバーをもらうことができました。中型以上は日本のナンバーがそのまま国際ナンバーになります。  長々と書きましたが、国際ナンバープレートは簡単に注文することができます。海外ツーリングをお考えの方はぜひどうぞ!
JAPAN to JAPANを訪問していただきありがとうございます。 バイクで世界を旅する醍醐味を、たくさんの方に知ってもらえれば嬉しいです。 これからも応援よろしくお願いいたします。
 ↓下のボタンをクリックしていただけると、ランキングが上がり、私たちのテンションも上がります。どうぞよろしくお願いいたします。
 Please click the link below.Thank you!


にほんブログ村

181111 ホンダショップアサマ「ほうとうツーリング」

イメージ
お世話になっているバイク屋さん、ホンダショップアサマさんが主催する、一年に一度のツーリングに参加してきました。目指す場所は山梨名物「ほうとう」が食べられる小作さん。(「ほうとう」とは、うどんを平らに伸ばしたようなもので、野菜やお肉が入っています。武田信玄の野戦食にもなっていたとか。)毎年この時期にツーリングされるそうで、時には雪の中走ることもあったそうです。この日は絶好のツーリング日和。バイクも車もたくさん走っていました。私たちとは少し好みの異なる「旧車会」の人達も小作の駐車場に大集結。おかげで県警が出動する始末。ド派手に飾り立てられたバイク達には、地球数周分の旅費と同じ金額が注ぎ込まれていることでしょう。羨ましい限りです。バイクを飾り立てることにお金を使う人もいれば、バイクで世界を走り回ることにお金を使う人もいるのです。お金の使い方は人それぞれ。
 アサマさんのツーリングに集まった13台の中で、ホンダのカブは私たちを含め5台。C125の3台でワンメイクレース(同じ排気量のバイクでのレース)をしてきました。同じ排気量なので、積載量によってバイクの出せるスピードが変わります。体重が軽い方が速く走れるのです。Moto GPの選手やジョッキーさんに小柄な人が多いのも納得。バイクに負担をかけないためにも減量しなければなりません…。

JAPAN to JAPANを訪問していただきありがとうございます。 バイクで世界を旅する醍醐味を、たくさんの方に知ってもらえれば嬉しいです。 これからも応援よろしくお願いいたします。
 ↓下のボタンをクリックしていただけると、ランキングが上がり、私たちのテンションも上がります。どうぞよろしくお願いいたします。
 Please click the link below.Thank you!



にほんブログ村

facebook【Asuka Futatsumata】
facebook【Tsuyoshi Kobayashi】
Instagram【JAPAN to JAPAN】
Twitter 【JAPAN to JAPAN】

181028 旅の相棒決定!

イメージ
次の旅に使用するバイクを本日購入してきました。今年9月に発売されたホンダのカブ、C125です。お世話になったホンダ社員の方、ドリーム柏店の方々に感謝、感謝です。

 明日から全バラ開始。インジェクションバイクのお勉強をしなければなりません。インジェクションとは、いろいろと電子制御されているとても賢いもの。電子制御されているということは、たとえば空気の薄いところでは自動でガソリンの量を調節して、走れるようにしてくれるということです。私達がこれまでに使っていたのはキャブレターのバイク。これはアクセルの開閉でガソリンと空気の量を調節をしなければならないので、普通の道を走る分には問題ないのですが、高地を走ったり雨の中を走ったりする場合にはなかなかの技術が必要です。結果、私の場合は何度もガソリンを送りすぎてしまい、(アクセルを開けすぎてしまい)エンジンの発火部分であるプラグに大量のすすを貯めてしまいました。いわゆる「かぶる」という現象です。ガソリンがきれいに燃え切らないとすすがたまり、うまく発火できずにエンジンがストップしてしまうのです。  この点、インジェクションバイクでは自動でバイクが計算してくれるので、かぶることはありません。が、勝手に計算するがゆえ、これ以上高地を走るのは無理だとバイクが判断してしまうと、それ以上先へ進めなくなることもありうるのです…。前回の旅行中、実際にそんな人を見かけました。現在、キャブレターのバイクや車はほとんど作られていません。インジェクションの方が無駄な排気ガスを出さずに済むので環境によいとされているからです。
 私達が使用したキャブレターのバイクなら、海外のいろいろな道を走りきれることは証明できたので、次はインジェクションバイクで挑戦です。まずは構造を理解して僻地での走行が可能かどうか考えなければなりません。(言わずもがな、私の仕事は前回同様ボルトやワッシャー探しになるのでしょうが。)
 ホンダのバイクならできるはず!!!皆様、応援よろしくお願いします。
JAPAN to JAPANを訪問していただきありがとうございます。 バイクで世界を旅する醍醐味を、たくさんの方に知ってもらえれば嬉しいです。 これからも応援よろしくお願いいたします。
 ↓下のボタンをクリックしていただけると、ランキングが上がり、私たちのテンションも上がります。どうぞよろしくお…

181013 Homecoming

イメージ
ホンダ熊本工場で行われたイベント、ホームカミング。中国、韓国、台湾からもホンダーユーザーが集まる大イベント。みなさん朝早くから自慢の愛車で大集結。記念撮影渋滞となりました。
 私達のお仕事は、名車展示コーナーで私達のバイクを展示していただき、トークショーをさせていただくこと。
 名車展示コーナーでは、来場されたお客様と話す機会をいただきました。今回の1年3か月の旅行で走った距離は8万キロを超え。日数、距離もさることながら、一番驚かれたのはパンクが一度もなかったことと、バイクが壊れなかったという事実。できればずっと展示コーナーにいて、もっとたくさんの方とお話しできればよかったというのが本音です。
 宮城光さん司会のトークショー。宮城さんは、元ホンダのレーサーで、全日本や全米選手権でチャンピオンの獲得経験の持ち主です。現在はバイクレースの解説やモータースポーツ関連のお仕事を幅広くされている方。前日に打ち合わせはありましたが、当日は90%アドリブとなりました。そんなふうにできるのも、宮城さんの懐の深さがあればこそ。おかげさまで楽しくお話しさせていただきました。私達の話の裏で、ホンダとは別の雑誌イベントがあり、バイク界では有名な方がお話しされていましたが、わざわざこちらの話を聞きにきてくださった方に感謝です。  私達の前後にトークショーされたのは、MotoGPライダーの中上貴晶選手。MotoGPというのはバイクのレースで、世界最速を競うもので、車で言えば、F1と同じです。そんな世界最高峰のバイクレースに出場されている中上選手とお話しさせていただき、サインもいただきました。  超一流なのに驚くほど気さくだったお二方。一気にファンになってしまいました。
 今回このような機会をいただけたのは、たくさんの方々が応援してくださったからこそ。一人でできることなんてないのだと、改めて感じます。


JAPAN to JAPANを訪問していただきありがとうございます。 バイクで世界を旅する醍醐味を、たくさんの方に知ってもらえれば嬉しいです。 これからも応援よろしくお願いいたします。
 ↓下のボタンをクリックしていただけると、ランキングが上がり、私たちのテンションも上がります。どうぞよろしくお願いいたします。
 Please click the link below.Thank you!

にほんブログ村

181005–1009 新富士バーナー様訪問

イメージ
今回の旅行を応援してくださった新富士バーナー様。旅行していると、衣食住の大切さが身にしみます。私達の食を助けてくれた「SOTO MUKA STOVE」。燃料がガソリンであるこのストーブは、食事をとる時だけでなく、予備タンクにもなる優れもの。火を起こしても他社メーカーと比べてとても静かなので、宿の部屋に持ち込んで暖を取ることもありました。粗悪ガソリンを入れるとジェネレーターが詰まってしまうこともありましたが、簡単に掃除することができるので助かりました。外国人ライダーから珍しがられ、どこで買えるんだと聞かれたことも多々。皆様にお勧めしたいストーブです。
 台風一過の関西を西へ。ずっと応援してくださった方のお宅へお邪魔させていただきました。相変わらずパワフルな方で、元気を分けていただきました。若さの秘訣は、「これをやりたい!」と情熱をもつことなのかもしれません。いつまでも心がわくわくするようなことをやり続けていたいものです。
JAPAN to JAPANを訪問していただきありがとうございます。 バイクで世界を旅する醍醐味を、たくさんの方に知ってもらえれば嬉しいです。 これからも応援よろしくお願いいたします。
 ↓下のボタンをクリックしていただけると、ランキングが上がり、私たちのテンションも上がります。どうぞよろしくお願いいたします。
 Please click the link below.Thank you!

にほんブログ村

181004–1005 聖地巡礼

イメージ
熊本で行われるホンダのイベントHomecomingに向けて、長野を出発しました。イベントでは私達のバイクを展示するため、バイクを輸送していただけるという話でしたが、イベントに参加される方々が走っていかれるので、私達も走っていくことにしました。本田宗一郎さんのゆかりの地、聖地を巡りながら。  まず向かったのは、宗一郎さんが眠る富士霊園。山がいくつも入る広大な敷地です。正面玄関を入って突き当たりを左へ。坂を下ったところにある「おもいで3K-8」。角にある植え込みに、「本田」の名前があります。「お邪魔します。」挨拶をして階段を上って中へ。本田と大きく書かれた墓石がありました。戒名は書かれてありません。本人の意志だったそうです。いつも供花が途絶えることはなく、車やバイクのおもちゃがお供えしてありました。  宗一郎さんと対面すると、自然と背筋が伸びました。これまでの旅のことをご報告し、お礼を伝えます。「宗一郎さんのおかげで、夢のような旅ができました。」  お参り中、ずっと聞こえていたのは小鳥のさえずりではなく、近くにある富士スピードウェイを疾走する音でした。レースが大好きだった宗一郎さん。だからここが選ばれたのでしょう。
 本田技研発祥の地、浜松。最初に会社があった場所は、今ではマンションになっており、宗一郎さんが見た景色とはずいぶん違ってしまったようです。近くにあった紳士服店のご主人に話を伺ってみました。創業60年だというお店。生前の宗一郎さんに会ったことがあるそうで、「いいオヤジ」だったと話してくださいました。創業当時の本田技研を知る地元の方からは、「宗ちゃん」と慕われていた宗一郎さん。
 実家は光明村の鍛冶屋さんで、幼少の頃からものづくりに夢中になっていた宗一郎さん。「見たり、聞いたり、試したり」という言葉を残しています。
 これからも、世界中の人に愛される「ものづくり」が続きますように。

JAPAN to JAPANを訪問していただきありがとうございます。 バイクで世界を旅する醍醐味を、たくさんの方に知ってもらえれば嬉しいです。 これからも応援よろしくお願いいたします。
 ↓下のボタンをクリックしていただけると、ランキングが上がり、私たちのテンションも上がります。どうぞよろしくお願いいたします。
 Please click the link below.Thank you!


に…

180925-0927 HONDA motorcycle homecomingイベント出演決定!・協和興材様訪問

イメージ
世界のHonda二輪製品のマザー工場、熊本製作所。Hondaのバイクを愛するお客様をお迎えするイベント、Homecoming。 このイベントに出演させていただくことが決定しました。80,000キロ走った車両を展示し、トークショーもさせていただきます。 参加費は無料です。お時間のある方はぜひお越しください。
日時:10月13日土曜日9:00-16:00 場所:本田技研工業株式会社熊本製作所 〒869-1231 熊本県菊池郡大津町 平川1500
詳しくはこちら! https://www.honda.co.jp/homecoming-moto/

今回の旅行を応援してくださった協和興材様。日本に帰ってきて、ようやくお礼を伝えることができました。出発前、オイル添加剤やグリスをはじめ、たくさんのMicrolon製品の提供、資金援助をしていただきました。空冷250ccのバイクが、粗悪ガソリンにも耐え、4655メートルの高地も走り切ることができたのは、マイクロロンのおかげです。耐熱グリスのおかげでベアリング類もほとんど交換せずに走り