180422 Choluteca 290km

Momotombo活火山


朝のマサヤ中心部

係官の席にはすべて扇風機が備わっていました。

おねだりくん

 ニュースで暴動の様子が報道されていたマサヤ。朝まで爆音が鳴り響いていました。朝、町の中心部へ行くと、ガラスが散らばり、投石に使われた石が転がっています。道路の真ん中にはタイヤを燃やした跡も。地元の人はいつもと同じように生活しています。
 ニカラグアの首都マナグア方面へ。町を迂回する主要道路の交差点にも、石が転がり、燃やされたタイヤが残されていました。今日は日曜日だったためか、昼間は何事もなく国境まで走ることができました。検問に立つ警察官は女性が多かったのは、昨日の騒ぎの影響かもしれません。
 ホンジュラス国境では、ガイド(有料)が集まってきました。イミグレの列に並んでいると、お金をせがむ子どもも。まだまだホンジュラスは貧しい国のようです。すべての手続きが終わり、バイクのところに戻ると、ずっとバイクを見てたよ!と笑顔で言ってくる少年。ずっと見ていなかったことはわかっているのですが、暑い中これも彼らの仕事なのだろうと思い、100円もしないコーラを買ってあげました。後から自分でお菓子を買っていたのには驚きましたが。
 何はともあれ、今日も無事です。

 ニカラグア出国
①イミグレでパスポートにスタンプをもらい、出国税1人2USD支払う。
②税関で出入国カードに記入し、係官にバイクを点検してもらう。
③荷物をX線検査にかけ、②の書類にサインをもらう。
④税関でペルミソを返却し、サインされた②の書類をもらう。
⑤故郷ゲートで出入国カードを提出して終了。

ホンジュラス入国
①イミグレでスタンプをもらい、入国税1人3USD支払う。
②税関でペルミソを作成してもらう。作成料?書類代?1台35USD支払う。


ニカラグアはあっさり終了しましたが、ホンジュラス側では汗だくで並び手続きすること1時間以上。合計2時間半で終了しました。

コメント

このブログの人気の投稿

170506 茶房ハルOPEN

180804 Continental Divide 329km

181116 国際ナンバープレート到着