180220 Puerto Iguazu 257km









 パラグアイ、ブラジル、アルゼンチンの3つの国境線があるイグアス。三大瀑布の一つ、イグアスの滝を見るために北上してきました。北上するにつれて道路脇はジャングルに。木が増えると虫が多くなるのが常ですが、ここに大量発生するのは蝶々。イグアスには500種類以上の蝶がいるそうです。道行く人の顔立ちも変わり、白人が少なくなってきました。ガソリンの名前もGasolinaからNaftaに変わり、肉や野菜を詰めた揚げパン、エンパナーダが減り、代わりに増えたのはチーズパン。マテ茶の産地、Misiones州。過去の戦争が今でも影響しているからか、この州にはアルゼンチン国旗が一つも掲げられていません。アルゼンチンを走りながら、どこか別の国に来たようです。
 「iOverlander」アプリが今日も大活躍。大陸を横断する人、特に野宿で旅する人たちの口コミアプリなので、安くて快適なキャンプ地や宿の情報が載っています。そこに紹介されていた「Cabanas Castillo Yguasu」というお宿を目指すことに。ここは一大観光地なので幹線道路にはお高そうなホテルが乱立しています。横道に入り、ガレ場ダートを進んだ先で見つけたのは看板が出ていない広大な敷地に立つお家。中から出てきてくれたのは愛想のいいバイク乗りのオーナーさん。値段を聞くと、いくらがいい?と聞かれてしまいました。この時点で本日の宿泊場所に決定です。冷たいコーラでおもてなしいただき、バケツを貸していただいて洗濯祭り開催。バルセロナ以来となるジャケット、ズボンをお洗濯。気兼ねしないですむところでないと、なかなか洗えないのです。快速インターネットに、エアコン付きの一軒家。フルーツ食べ放題のお庭ジャングル。こちら、南米のオアシスに確定です。


コメント

このブログの人気の投稿

170506 茶房ハルOPEN

170602 境港到着 通関手続き完了

170530 長野出発 朝霞研究所訪問