170817 ギャンジャGəncə 475km



 アゼルバイジャンの道は綺麗に舗装されていて、ガソリンスタンドではガソリンを買うことができます。リッター80円ほど。意外に高くてびっくりです。初めて入ったスタンドの売店は、日本以来の自動ドアでお出迎え。それほど暑くもなく、ひたすらまっすぐの道。水やガソリンの心配をしなくてもよくなりました。が、「快適」は「退屈」。飲み水がなくて川の水で凌いだり、舗装路に恋い焦がれながら中央アジアを走っていましたが、いざ舗装路だけとなると…。
アリャートの宿を出発し、まずは泥火山へ。その名の通り、泥が噴き出す火山で、ゴボゴボと音を立てているのを聞くと、あまり長居はできません。熱々の泥を想像していましたが、実際は泥パックができるくらいの冷たさでした。
 オイルマネーで発展したバクーを見に、往復150kmの寄り道。斬新な設計のホテルを素通りし、旧市街にある世界遺産を横目で確認しつつ、外周をバイクで一周。当初はバクーで一泊する予定でしたが、区画整理された格差地域では安心して眠れそうもなかったので、そのまま先へ進むことに。アゼルバイジャン第二の都市ギャンジャを目指します。
 今まではバイクで走っていると手を振ってくれる人がいたり、ハイタッチを求められたりしましたが、アゼルバイジャンはあまり反応してくれなくなりました。寂しいなあと思っていると、横を走る三菱自動車から水の差し入れ。(時速80kmで走行中)せっかくなのでありがたく頂戴しました。


コメント

このブログの人気の投稿

170506 茶房ハルOPEN

180804 Continental Divide 329km

180627 Okotoks 375km